HOME>ホットトピックス>外出をラクにしたいママ目線でのバギーが誕生

軽量でコンパクト

今、赤ちゃんの子育てに必需品となるベビーカーから乗り替えが検討されているのが、ベビーバギーです。その最大の特徴は、背面式と両面式ではないでしょうか。ベビーバギーはリクライニングできないタイプが圧倒的に多く販売されていて、対象年齢は生後7ヶ月からです。ベビーカーはA型・B型の種類がありますが、ベビーバギーは1種類です。赤ちゃんを抱っこしても担いで階段を上り下りできるよう、電車移動で他の人に迷惑にならないように軽量でコンパクトさも特徴です。軽量化されているものは3kg弱で、折り畳んでも厚みもなく、外出中にダダをコネる赤ちゃんを抱えての移動に重宝します。機能や性能、重量やサイズも様々ですし、ベビーブランドが提供しているタイプは価格もそれなりです。相場は、中古で1万円台、新品で2万円台だといわれています。

大きなタイヤがポイント

お座りができたり、歩けるようになった月齢でのお出かけに便利なのがベビーバギーです。バギーと名がつくだけあって、タイヤの大きさもポイントです。路面の影響を受けにくく、砂利道からぬかるんだ道もスムーズに動かせるように機能性の高いタイヤが使われています。

デザイン性もある

シートデザインもベビーバギーのウリで、カラフルなデザインも、汚れたらまる洗いできる素材にプリントされています。大容量バスケット付きであれば、ベビートイやベビー用品を持ち運びするにも便利で、バスケットも取り外しができる特徴があります。

広告募集中